株式会社ビスメディア

2018年10月14日to2018年10月24日

千葉市の海辺から「ダイヤモンド富士」を見よう!

富士山頂にちょうど落日が重なる神秘の現象「ダイヤモンド富士」。
日本では、富士山は頂上に浅間神社があるように神として崇拝する山岳信仰の対象となっており、太陽も「アマテラスオオミカミ」という日本の神様として日本各地で崇拝の対象となっています。
日本人の崇拝の対象となっている、富士山と太陽のコラボレーション「ダイヤモンド富士」。
人工海浜の長さが日本一の千葉市では、毎日少しずつ移動すれば、ダイヤモンド富士を「海越しの富士山(東京湾をはさんで見える富士山)」として、毎年10月と2月の約10日間、千葉市内で観賞することができます。
気象条件が重なれば、幕張メッセの近くの幕張の浜などで見ることができます。
千葉市の海辺で、旅の思い出に「ダイヤモンド富士」を観賞してみませんか?